Watch Guard/統合型脅威管理 (UTM)

PRODUCT INFO/製品情報

最適なセキュリティ対策とエンタープライズクラスパフォーマンスの両立

ウォッチガードの統合脅威管理(UTM)は、企業のネットワークに必要なすべてのセキュリティ機能が統合された業界最高性能のセキュリティプラットフォームです。
高度なセキュリティ機能と驚異的なネットワークパフォーマンスを実現するセキュリティアプライアンスは、妥協のない安全なセキュリティ対策と高い費用対効果でビジネスに貢献します。
管理者は企業内のすべてのネットワークに容易に適用することが可能です。

ネットワークパフォーマンスを追求

もはやネットワークの保護とパフォーマンスのどちらかを妥協する必要はありません。
ウォッチガードの強力なFireware®オペレーティングシステムは業界で最も信頼性の高いセキュリティプラットホームです。
各セキュリティ分野において信頼性の高いセキュリティ機能のフルバージョンを実装しているため、高度なセキュリティを機能を容易に導入することが可能です。
従来のUTMのように、セキュリティ機能のためにスループットを犠牲にする必要はありません。
ウォッチガード製品は、すべてのセキュリティエンジンを最高のパフォーマンスで実行されるよう設計されています。安心してすべてのセキュリティ機能を活用頂けます。

絶え間ないセキュリティの監視

定評あるネットワーク可視化ツールであるWatchGuard
DimensionはすべてのUTMアプライアンスの標準ツールとして活用することが出来ます。
ビジュアル化されたセキュリティの状況の監視により、管理者は容易にセキュリティの状況を把握し、直感的に操作が可能な管理コンソールで容易にセキュリティ対策のアクションを行う事が可能です。
管理者の負荷を大幅に軽減するネットワークセキュリティ管理を実現します。

セキュリティ保護とネットワークパフォーマンスのバランス

  • ・1台の強力なアプライアンスで、ネットワークに浸入を試みるマルウェアと拡散する脅威から防御
  • ・単体の管理コンソールで、すべてのセキュリティ機能を管理し、ポリシーの作成と導入が可能
  • ・強力なWatchGuard Fireware オペレーティングシステム上に業界最高のセキュリティ機能を実装し、ネットワークパフォーマンスとセキュリティのバランスを実現

FUNCTION/主な機能

  • パケットフィルタリング

    ウォッチガードの長年に渡るファイアウォールのコアテクノロジーをベースに、マルチギガビットのパケットフィルタリングパフォーマンスと透過的なプロキシ技術を、すべてのトラフィックに対して、高度なセキュリティインスペクション機能と共に提供します。また、ブランチオフィスとモバイルユーザーからの強力な暗号化によるVPN(仮想プライベートネットワーク)接続を提供します。

  • 不正侵入検知・防御(IPS)

    ネットワーク内での悪質・不正なアクティビティをブロック。IPSは、アプリケーションレイヤー・コンテンツ・インスペクション機能と共にスパイウェア、 SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング、バッファオーバーフローを含むネットワーク脅威に対するリアルタイム保護を実現します。

  • アプリケーション制御(Application Control)

    社内ネットワークで「誰が」「いつ」「どんな」 「どこで」「なぜ」そして「どのように」アプリケーションを 使っているかを簡単に把握できます。Application Controlを活用することによって、社内のウェブアプリケーション利用ポリシーを作成し、適用することができます。ポリシーを作成することにより、ネットワーク上でリソースへのアクセスをリアルタイムで把握することができます。この情報を活用し、コンプライアンスの遵守や社員のニーズを把握し、さらに社内ニーズに合ったポリシーにフィードバックすることでセキュリティを高めることが可能です。

  • Webフィルタリング(WebBlocker)

    膨大な情報量をもつインターネット上での情報収集では、ユーザ自身が十分に注意していても知らぬまに、危険なサイトに遷移させられていたり、不審なコンテンツをバックグラウンドでダウンロードしてしまうリスクが高まっています。WebBlockerのコンテンツとURLフィルタリングは不正サイトへのアクセスをブロックし、危険なウェブコンテンツから保護します。さらに、ネットワーク帯域の有効活用のほか、社員の生産性の向上も可能となります。

  • ウイルス対策(Gateway AntiVirus)

    ハッカーや攻撃者は、さまざまな方法で既知のマルウェアや新しい亜種を企業内に持ち込ませようとします。Gateway AntiVirus(GatewayAV)は、アプリケーションレイヤーコンテンツインスペクション機能と連動し、ウイルス、トロイの木馬、ワーム、スパイウェア、ローグウェアからユーザをリアルタイムで保護します。また、同時にシグネチャでマッチしないデータに対してもヒューリスティック分析による未知のウイルスの検査も実施されます。

  • スパム対策(spamBlocker)

    全世界の全メールの95%が迷惑メールであると言われており、ウイルスを広める媒体として悪用されています。ネットワークの帯域を使い切ってしまい、ネットワークスピードを落とすだけでなく、個人情報と企業の機密情報を盗むためにユーザを不正サイトへ誘導します。WatchGuard spamBlockerは、リアルタイムのスパム検知を提供し、通常のメールと不正メールをリアルタイムで識別し、脅威アウトブレイクからネットワークを保護します。

  • レピュテーションセキュリティ(Reputation Enabled Defence)

    レピュテーション”評判”はセキュリティに限らず、ビジネス上の取引でも信頼性を確認する上で重要な要素です。ウォッチガードが長年運用しているレピュテーションデータベースは、複数の独自の評価基準により世界中のWebサイトコンテンツとWebサイトの状況を監視し、更新しています。この実績あるレピュテーション情報により、ユーザのセキュリティリスクの高いサイトへのアクセスを未然に防止すると同時に、Webアクセスの高速化を実現します。

  • 情報漏えい防止(DLP) ※有償オプション

    情報漏えい防止(DLP)機能は、オプションサービスとして、ユーザの機密情報の外部への漏えいを検出する機能です。ネットワークの外部に送信されるテキストや一般的なファイルをスキャンすることによって偶発的または悪意のあるデータの漏えい事故を防止します。セキュリティ機能で防ぐ事の出来ない人為的な漏えい事故を未然に防止する事が可能です。

  • 標的型攻撃対策(APTBlocker) ※有償オプション

    標的型攻撃対策は今やすべての企業に必要なセキュリティ対策となっています。WatchGuard APTBlockerはシグネチャベースのセキュリティ機能で検知できないマルウェアや標的型攻撃、ゼロデイ攻撃を検出する洗練されたセキュリティソリューションです。APTBlockerはシグネチャによる既知のマルウェアの検知にくわえ、次世代型サンドボックスによる先進のフルシステムエミュレーション技術で不審なファイルやプログラムコード分析し、標的型攻撃に繋がる脅威を見つけ出します。

  • ライブセキュリティサービス(LiveSecurity® Service)

    ハッカーや攻撃者は24時間絶え間なく企業ネットワークを攻撃してきます。LiveSecurityサービスはアプライアンスご購入ユーザに継続的な安心と故障時のサポートを提供します。お客様は最適なセキュリティサービスを選択して容易にネットワークセキュリティの強化を実現できます。

サービスについて詳しく知りたい方は